FC2ブログ
コシ産婦人科医院リプロダクション部門 1
IMG_8465.jpg
今回からガイア・アソシエイツで設計したコシ産婦人科医院リプロダクション(不妊治療)部門を紹介いたします。

この医院については以前にもブログで紹介した通り、ガイア・アソシエイツで主に内装の改修設計を継続的に行っています。
(元々の建築は他の建築家の設計です。)
今までは、既存の医院の機能+αでの改修でしたが、今回は違います。
医院の上階の自宅だった部分を、1フロアまるごと(この医院に今までなかった)リプロダクション部門にするのです。

現在日本では、不妊治療ができる病院の数はまだ少ないようです。
けれども、僕達が思っているよりもはるかにニーズが高くなっています。
身体にはそれほど問題が無くても、ストレスなどで妊娠しにくくなっているようなケースも多いのです。

さて、医院には以前小さな別館(エコー室・エステなど)がありまして、そこはなぜか東南アジア風の設えがしてありました。
写真は、解体前の別館でのそれらの様子です。
その別館を取り壊す時に、東南アジア風の家具・置物・絵画などを捨てずに医院の地下室にとっておいてもらいしました。
IMG_6643.jpg
なぜかというと、ゆくゆくリプロダクション部門を作る時に、それらを使ってゆったりとくつろげるバリ島のホテルのようなの医院にしたらどうか、と思いついたからです。
最初は漠然と考えていましたが、とっておいた東南アジア風の品々がかなり充実しているので、結構徹底したものにできるのでは、と思いました。

ということで、写真のような家具等を全て撮影・実測してリスト化しました。
結構骨の折れる作業ですが、後でとても役に立ちました。
中には東南アジア??????なものもありましたが、バリを正確に再現するのが目的ではないので、エキゾチックで雰囲気が合いそうなものはOKでいきました。
IMG_6652.jpg
ガイア・アソシエイツでは、「〇〇風」などというデザインは普段はやらないのですが、今回は特別です。
やるならバリバリに!

その後、リプロダクション部門は、新築案・既存改修案・設計変更・工事延期など紆余曲折がありましたが、この度計画開始から4年で完成に至りました。
これから紹介していきます。
続く。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2018/09/24 08:06] | コシ産婦人科医院リプロダクション部門 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
DESIGN AH!
IMG_0530.jpg
お台場近くにある日本科学未来館で「デザインあ展」を見てきました。
ここは科学館なので、このような展覧会は異色かもしれません。
IMG_0527.jpg
行ってから分かったのですが、NHKの「デザインあ」という子供向けデザイン番組から生まれた展覧会だそうです。
その番組自体全く知らないので、???という感じで行きました。
IMG_0532.jpg
じゃあ何で行ったのか、というと駅なんかのポスターが目立ってたからです。
その上、タイトルが意味不明だと何なのか知りたくなりますよね。
(番組を知っている人には謎は無いのでしょうが・・・。)
IMG_0526.jpg
お子ちゃま向けなのかと思ったら、たまたまなのか当日は大人が多いでした。
発想の仕方、身の周りのものに対する違った見方など、デザインの啓蒙の展覧会のようです。
日常デザインをしている僕でも、行ってみる価値はありました。
頭を柔らかく保ちたい人にも効くかもです。
特定のデザイナーの作品展ではありませんでしたが、何となく福田繁雄が思い浮かびました。
IMG_0531.jpg
展示方法にも興味を持続させるよう色々工夫がありました。
準備には時間とお金がかかったでしょう。
次の写真は、広い四角い部屋の床に座り込んで(寝ころんでもOK)見る360度映像ですが、良かったですよ。
IMG_0534.jpg
次は大便器とながーいスリッパ。
この引き延ばしたパターンのものがいくつかありました。
作品としてなら面白いのですが、啓蒙的意図がイマイチ不明か。
IMG_0537.jpg
会場では皆さん盛んに写真を撮っていました。
面白い面白いと写真を撮っているだけでは、面白い発想ができる人にはなれないですけどね。
10/18(木)までやっているので是非。
(各種割引もあるので事前に要チェック)

近所にはこんなのもいますよ。
(実物を見ると、案外でかいし出来も良い。)
皆さん、熱心にこれの写真も撮ってました。
頑張ってね。
IMG_0524.jpg
KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2018/09/19 08:38] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
GORDON MATTA-CLARK
IMG_0501.jpg
クソ暑いのが少し納まりましたが、相変わらず展覧会めぐりんをしています。
今回は東京国立近代美術館でゴードン・マッタ=クラーク展を見てきました。

多分この名前をご存知の方は少ないのでは。
彼は70年代にニューヨークを中心に活動した芸術家です。
1978年に35歳の若さで亡くなっています。

ヒッピー世代ということもあってか、自分の活動やアクション自体が作品だ、という傾向が強いようです。
アトリエでジメジメ絵を描いているのではなく、外に出て社会への問題提起を積極的におこなった方々が当時多かったのでは。
方向性は違うかもしれませんが、日本人でもハイレッド・センター、小野 洋子、草間弥生などなど。
60年代から70年代前半はぶっ飛んだ活動をした作家が多いのです。
素っ裸で街中を走るストリーキングなんてのもありましたね。(関係無いか)
漫画の「おそ松くん」でイヤミがアクション・ペインティングみたいなことをしてましたね。(少し関係ありそう)

しかし、そのような製作スタイルだと残っている作品らしい作品(現物)は少なく、展覧会では写真・映像・スケッチなどで痕跡をたどることになります。
これが案外退屈で、(説明なんかを)読んで理解するのが面倒なんですね。
(建築家の作品展も副産物を見せる感じなので、他人事ではありません。)
主催者も「残っているものだけを並べても弱いな」と感じたんじゃないでしょうか。
「プレイグラウンドのような会場」と銘打って大げさな設えになっており、(最近誰かが作ったらしい)でかい建築模型が一番目立ってました。

会場では、意図がよくわからずイマイチ(?)な顔をして見ている方もいました。
もっとも次の写真のように入場者自体あまりいませんでしたが。
IMG_0511.jpg
しか~し、内容をよく見てほしい。
私が注目したのは「ビルディング・カット」。
解体前の使わなくなった建物を本当に切断しているのです。
次の写真は最高!
IMG_0503.jpg
切断の仕方は色々試行錯誤しているようですが、なかなか効果的なものもありました。
その計画・作業(自分達でやってます)・完成を、スケッチ・映像・写真(コラージュも)・模型で見せてくれます。
この手の展示は、漠然と眺めているとおもしろさを見落としがちなので注意が必要です。
(特に映像は決定的瞬間を見逃しやすいので我慢も必要)

解体前の建物をぶった切った状態が作品なので、当然それ自体は残っていません。
(その後、建物は解体されますからね。)
おおきなインスタレーションを作る作家と同じで、無常を感じます。
マッタ=クラークの場合、一般の人に内覧させているものもありましたが、危険そうなものもありました。

次の写真は、多分展覧会のために誰かが作った説明的模型です。
(模型は見やすいように外壁がありませんが、実際はあります。)
分かりにくいですが、床などが切り抜かれて下階が素通しの状態になっています。
IMG_0510.jpg
この作品は実際に行ってみたらかなり面白そうですが、見ること自体危険です。
何しろ壊れかけたビルの床が切り抜かれているのですから。(次の写真参照)
製作時の映像を見ると、本人達も危なそうでした。
ジカに鑑賞してもらうことが難しいとなると、これは何のために何をしているんだ、なんてことに・・・。
IMG_0516.jpg
私はこのように考えます。
芸術家や発明家などクリエイティブな人間にとって「こういうことをするといったいどうなるんだろう」という興味自体が創造の源ではないでしょうか。
その時点で、目的・コンセプト・成果なんてたいして重要ではないのです。
ましてや、できたものの他人への見せ方なんかは、マッタ=クラークにとってもどうでも良い副産物だったのかもしれません。

さて、次の写真は建物を切断した四隅の部分だそうです。
やっぱり実物を見るのは迫力が違います。
やっと作家本人に会えたような気がしました。
IMG_0506.jpg
展覧会は期限が迫ってきていますが9/17(月)までやっています。
二度と見られないかもしれないレアな展覧会なので、そういう意味では見る価値はありますよ。
多分空いてるのでゆっくり見られます。
(注:ここの常設展は退屈)

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2018/09/12 08:17] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
東京インターナショナル・ギフト・ショー
IMG_0521.jpg
東京インターナショナル・ギフト・ショーなるものに初めて行ってきました。
これは東京ビッグサイトで行われている展示会のひとつです。
毎年招待状は来ていたのですが、ギフト・ショーというのが何の展示会だか分からず、興味の対象外だと思って行ったことはありませんでした。
IMG_0520.jpg
じゃあ今回は何で行ったの、というと、我がガイア・アソシエイツの作品が展示されることになったからです。
インテリア産業協会というところからの依頼で、ブースに作品を展示したいとのことでした。
けれど、今までに設計した改修作品3つのパネル(写真が数カットずつ)というこじんまりしたものなので、特に期待せずに見に行きました。
パネルも先方で製作なので、こちらは設計資料を渡しただけで気楽なものです。
IMG_0517.jpg
さて、ギフト・ショーはどうだったかと言うと・・・
ハッキリ言って何でもアリの展示会です。
我々ガイア・アソシエイツの展示もされた「住まいのリノベーション」だって関係無いと言えば全く関係無いし。
他のブースも洋服、鞄、靴、置物などなどあれこれの商品が並んでいる、といった状態です。
なんだってギフトと言えばギフトになりますからね。
見て廻るのは面白いですが、最後の方ではアメ横のガード下にいるような気になりました。
但し、ここでは物は売っていないので、それも何だか変でしたが。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2018/09/06 16:44] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
RUSSIA BALLET ACADEMY TOKYO CONCERT
21st_Cocert_Flyer.jpg
渋谷総合文化センター大和田さくらホールでのロシアバレエアカデミーTOKYOのコンサートに行ってきました。
ご近所の方に、「うちの娘が出てるから来てね!」と突然言われて、よく訳が分からないままとにかく行ってきました。

このお嬢さんは、どうやら小さいころからバレエを習っていたようで、堂々たるバレリーナでした。
ロシアバレエならではの作品を見せる!というコンセプトどおり、ロシア民謡を踊る場面と、クラシックバレエを踊る場面があり、形式としてはガラ・コンサートのようでした。

それにしても何にしても、わたしが感激したのは、出演者の中のボリショイバレエ出身の2人の男性ダンサーです。
容姿といい若さといい踊りといい、まさに「王子様の中の王子様」。
途中から、なんだか自分と同じ人間が踊っているとは思えなくなるほどのすばらしさです。
跳躍の高さ、美しさ、まるで違う星から来た異星人(男のかぐや姫?)のようでした。
ファンクラブはないのかしら?

早苗

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2018/08/29 09:47] | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>