FC2ブログ
模範農場 2
IMG_1573-1.jpg
北海道大学にある札幌農学校第2農場見学の続きです。
ここは外をブラブラ歩いても清々しいのですが、建物群自体も魅力的です。
上の写真の牛のレリーフも最高。
(行かれる方はどこにいるか探してね。)
IMG_1576-1.jpg
建物は今は使われていませんが、丁寧に補修されて保存されています。
説明を読むと、新しい酪農をするためにとても工夫されてアイデア満載だったことが分かります。
IMG_1575-1.jpg
各建築の内部は、当時のトラクターや農具の展示、そしてまた牛がいます。
これも生きていませんけど、使われていた時はどんな様子だったか分かります。
IMG_1595-1.jpg
さて、ここだけでなく札幌には緑の多い見どころがあちこちにあります。
北海道には梅雨がないのでこのシーズン、札幌駅は観光客で溢れていました。
けれども不思議なことに、僕が見どころだと思うスポットに来ている客はほんのわずかなのです。
例えば北海道開拓の村札幌芸術の森大倉山展望台などなど。
これらは外国人観光客にも喜ばれそうな素晴らしいところだと思いますが、ガイドブックの扱いは小さいです。
つまり行く気がしないような紹介がされているのです。
何をやっているのか北海道???
まさか観光客は、いまだに羊ケ丘展望台でクラーク像のポーズを間抜けに真似したりしているんじゃないでしょうね。

そして北大キャンパスですが、学内での打ち合わせ前にブラブラしていると、学生以外に市民、観光客などが多いのに気がつきます。
ガイド付の外国人団体客も行進しています。
ここは日本では稀に見る自由で開放的な公園のようなキャンパスなのです。
そして見どころも色々潜んでいます。
けれども皆さん、相変わらずクラーク像(こちらは胸像)やポプラ並木などを見ているだけで、第2農場など魅力的な場所は閑散としてました。
何をやっているのか北海道???

札幌に行くときは、ガイドブックや旅行会社の旧態依然とした情報に惑わされず、自分で魅力を探ってみましょう。
すすきのやラーメン横丁とは違う、本当の素晴らしさを見つけられると思いますよ。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2019/07/17 08:05] | 出来事 | page top
| ホーム |