FC2ブログ
日常生活
駅にて:夜
東京オペラシティのアートギャラリーに行ったときに、相笠昌義という画家の「日常生活」という展示もおまけで見ることができました。
特に見るつもりなかったものが面白かったりすると、トクした気分ですね。

このお方の絵は、日常を切り取った作品のようですが、何かおかしい。
一見素朴な絵のようですが、一種異様さを感じます。

人間が潰れたようなプロポーションなのも、ヘンテコな漫画のようです。
顔も岸田劉生の麗子像みたいに潰れています。
(絵を斜め横から見ると丁度良くなりますが。)

人が集まっている絵が多いですが、動きが少なくて生気が無く、不穏な雰囲気です。
空気がよどんでいるようで息苦しいです。
海水浴場や花見の絵などもあるのですが、その場には行ってみたくないですね。
「悪ふざけはやめろ。何か言いたいことがあるんだろ。」と作者に問いかけたくなりました。
(まあ全部褒め言葉なんですけどね。)

前回の展覧会「PEEKABOO」を見るとタダでこちらも見られます。
もうひとつ、平子雄一という画家の作品も同様に見られますが、こちらは絵本的なポップな絵でした。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2018/06/14 09:27] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<PADDINGTON BEAR | ホーム | PEEKABOO>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://gaia2009.blog83.fc2.com/tb.php/666-faa8bd0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |