FC2ブログ
N4邸 8
0390.jpg
ガイア・アソシエイツで設計した住宅の改修(N4邸)の最終回です。

最後は、建築と外部とを結ぶ領域をご覧いただくことにします。
上の写真は地下1階のサンクン・ガーデン(地盤より低い高さの庭)から上を見上げたところです。
1階の玄関ポーチも見え、その上のL字型のものは2階のバルコニーとブリッジです。
色々な高さで外にちょこっと出られる部分があると、何となくワクワクしませんか。

次の写真はL字型のバルコニーを上から見た所です。
2階居間から、バルコニーから出ているブリッジで車庫屋上の庭に出られるようになっています。
既存は木製手摺だったので視界を遮っていました。
それらの手摺を全て撤去し、ステンレス+透明ガラスに変更し、屋上ガーデンが見通せるようにしました。
道路や隣地との境の手摺は、同デザインですがステンレス+曇りガラスにして、プライバシーを確保しています。
ガラスは(車の窓みたいに)フィルムの入った合わせガラスなので安全です。
余談ですが、改修にあたり、車庫屋上の土は一度全て撤去して防水をやり直しています。
0530.jpg
手摺には照明が仕込まれていて、夜はこんな感じに。
庭が霧のベールでつつまれたように見えませんか。
0855.jpg
3階の各寝室からは屋上に出られるようになっています。
各部屋のプライベート・ガーデンとも言え、ホッとできるスペースになっています。
既存の床はコンクリート剥き出しでしたが、防水をやり直し、デッキを敷きました。
木デッキだと、良いものを使っても長持ちしないので、人工木デッキ(木とプラスチックを混合したもの)としています。
また、目隠しのルーバー・フェンスもやり直し、プランター(自動潅水装置付)を設置しました。
0681.jpg
最後に勝手口のアプローチです。
勝手口のアプローチは、玄関とjは別に門もあって立派です。
写真の階段を2階に上がった所が勝手口入口になり、それは既存のままです。
既存はここもコンクリート剥き出しだったのでアプローチから勝手口までタイルを貼りました。
私は常々、どんな建築でも裏方になる部分も楽しくなるようにしなければ、と考えています。
この階段も上がってみたくなりませんか?
0062.jpg
建築外部や外構で気を付けなければならない事のひとつは金属です。
スチールはまめな手入れが必要ですが、ある程度錆びてしまうとどうしようもありません。
初期費用は高めですが、金属部分は、錆びないステンレス、錆びにくいアルミなどを使用するように心がけています。
長い目で見ればこの方がお得でもあります。

終わり。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2018/07/24 09:00] | N4邸 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<RHODES | ホーム | N4邸 7>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://gaia2009.blog83.fc2.com/tb.php/661-92e8bcdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |