FC2ブログ
BankART Life V
BankART Studio NYK
ヨコハマトリエンナーレ2017関連で、BankART Studio NYKの展示のチケットも同時購入したので行ってみました。
今までにもトリエンナーレの時に何度か行っています。
トリエンナーレは終わりましたが、ここは普段もギャラリーなのでご紹介します。

この建物は、古い倉庫か何かを改修したのだと思いますが、外観も内部の空間性も気に入っているギャラリーです。
惜しいのが1階廻りです。
いつも雑然としていて「上の階でおもしろそうなことをしているぞ」という雰囲気が全く出ていません。
道路から建物までのアプローチも以下同文です。
ハッキリ言って期待感ゼロです。
実は上の写真のような全景は玄関アプローチ側からは見えず、知らないと入りづらい雰囲気になっています。
と言うか、入口かどうかもよく分からない。
頼むから、その辺りももう少しアーティスティックにやってくれい。

2-3階がギャラリーになっています。
倉庫だったのか天井高がとても高いので、作家は色々なことができそうです。
が、作品がかなり強力じゃないと空間に負けそう、という怖さもあります。
次の写真の車輪は、背丈ぐらいあってグルグル回っていたのですが、案外チンマリした印象になっていました。
(アトリエで作っている時はデカイモノを作っているつもりだったと思いますが。)
IMG_9018.jpg
逆に次は、ひとつの作品でボリュームを出さずに集合でインパクトを与え、空間も味方にしているので、ひとつの解決方法だと思いました。
白い造花がとても異様な雰囲気でした。
廻りの壁もコンクリート打放しというのが、寒々しくてムードにぴったり。
まさにここでやるべき展示で、見る価値があったと思いました。
やはり最も大事なのはアイデアですね。
このギャラリーの場合は空間把握も大切です。
IMG_9015.jpg
最上階のバルコニーから下を見ると、何とも楽しそうなデッキがあるじゃないですか。
知らなかった!
早速ここでウダウダしようと思い、降りて行きましたが、立ち入り禁止でした。
IMG_9016.jpg
ここは、やっぱり1階廻りの整備が不足しておるのじゃな。
続く。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2017/11/19 07:22] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<アニマルハウス:謎の館 | ホーム | 島と星座とガラパゴス 7>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://gaia2009.blog83.fc2.com/tb.php/632-3d4cf6d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |