FC2ブログ
BOXWOOD
自宅の玄関先にボックスウッド(BOXWOOD)を植えました。
BOXWOOD1
植えたばかりでまだ貧弱ですが、数年経てば綺麗な四角い刈り込みができると思います。
植えた場所は建物と道路との境の部分です。

いままで植木などにほとんど興味が無かったのですが、今回は近所を廻って皆さんが何を植えているかじっくりと観察しました。
その地域に適した樹木や流行なんかが分かるのではないかと思ったのです。

実際、樹木は写真では良く分かりません。
どれも同じに見えます。
やはり本物を見なくては。
図書館で植栽の本を何冊も借りてみましたが、植物に詳しくない私にはほとんど役に立ちませんでした。
よっぽど特徴のある木か知っている木以外は、本の写真と本物とが合致しないのです。

自宅に植える木の条件は、建物に合う洋風で明るい(できればポップな)樹木です。
目隠しの役目もあるので、常緑樹であることも大切です。
そして北側でも育ち、乾燥や寒暖や病気や害虫にも強く、できれば成長が遅く・・・。

ほぼ条件に合ったのがボックスウッドでした。
BOXWOOD2
これが葉っぱの拡大写真です。
ツゲの仲間で、別名セイヨウツゲというそうです。
退屈な普通のツゲとは違い、楽しげな明るい色と愛らしい葉の形をしています。
原産地は地中海から西アジアだそうです。
なんとなくそれも気に入りました。
常緑広葉樹ですが、秋にはあまり落葉はしないけれど紅葉するようです。

西洋の庭園などで、色々な形に刈り込んでいるのはこのボックスウッドらしいです。
自宅もそのうち四角く刈り込みたいと思います。
四角く刈り込めるからボックスウッドというのかと思ったら、かつてはこれで小箱を作っていたからだそうです。

色々なものに強く良いことだらけですが、問題は害虫です。
ハマキムシなどの害虫に弱いらしいので、春から夏はまめにチェックした方が良いようです。
植木屋さんによると、近所にボックスウッドが植えられていない方が良いそうです。
そこから虫が飛んでくるそうなので。

ボックスウッド、近所を探すとあちこちに植えられていました。
流行っているようですね。
横浜の小物屋さんでも小さな鉢植を売っていました。
近所では一時期ゴールドクレストが多かったですが、弱いせいか今では数少なくなっています。
ボックスウッドは大丈夫でしょうか。

ところで、道路際に生垣のように植栽をすると、街を歩く人達にも目を楽しませてくれます。
どの家も生垣にすれば、散歩をしたくなるような緑豊かな街並になりますよね。
一方、ブロック塀などにすると、街並として景観上殺伐とするばかりでなく、地震の時の倒壊の危険性、防犯上の問題(塀の内側に泥棒が入ってしまえば道路から見えない)など、欠点が多いです。
地方自治体では、塀から生垣への変更を奨励しているところが多く、条件が合えば助成金を出してくれるところもあります。
皆さんも一度ホームページなどで確認してみてはいかがでしょうか。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2011/11/14 07:26] | GAIA | page top
| ホーム |