PHANTOM MUSEUMS
IMG_0082.jpg
神泉にある松涛美術館で、クエイ兄弟の「ファントム・ミュージアム」という展覧会を見てきました。
松涛美術館もクエイ兄弟も初めてでしたが、久々に良かったです。
美術館に関してはまたの機会にするとして、まずはクエイ兄弟に関して・・・。

この方々、ドローイング・立体・映像・舞台美術など、多芸な一卵性双生児のアメリカ人です。
その方面では(カルト的に)有名な方々だそうです。
センスも良いですよ。
(一般的に、芸術家とセンスはあまり関係ないようです。)

当日、上映会もあり、彼らの代表作「ストリート・オブ・クロコダイル」も見ることができました。
どんなかと言えば、テリー・ギリアム、デヴィッド・リンチ、ティム・バートン、パナマレンコ、ギーガー、四谷シモンなんかを掛け合わせてダークな部分を煮出した感じです。
アニメ「トイストーリー」(第一作)の不気味なおもちゃを陰湿にした感じもあります。

次の写真はアニメ制作用の舞台装置だと思いますが、このような立体作品もいくつも展示されています。
IMG_0086.jpg
昔の方々では無いのですが、とても暗くて古い感じ(1920年代とか?)がして、懐かしく思う部分もあります。
けれど、作られているものは異質で、異様です。
とても気に入りました。

高かったのですが、珍しくカタログを購入しました。
買うときに、妻がクエイ兄(お店の人は多分兄のだ、と自信なさげでした)の直筆サインをくじで当てました。
価値があるのか、欲しいものなのか、ピンと来ませんでしたが。
まあ、良かったです。
お店の方々が一番盛り上がっていました。

展覧会は良いので、是非行ってみませう。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2017/07/01 07:06] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>