FC2ブログ
江戸東京たてもの園 1
以前書いたとおり、江戸東京たてもの園というところに行ってきました。
詳しく見てきたので暫くシリーズで紹介いたします。

古い建物を移築して集めている場所で有名なのは愛知県の明治村、以前紹介した北海道開拓の村なんかがあります。
でも、(都下ですが)東京にもありました。

場所は、中央線の武蔵小金井駅からバスで5分ぐらいのところです。
小金井公園という大きな公園内にあるので、緑が多く良い雰囲気です。
園に入るとボランティアの人たちが色々なサービスをしています。
案内の人によると「そんなに広くないし1時間もあれば全部見られる」ということでしたが、とんでもない、半日以上かかりました。

現地保存が不可能な文化的価値の高い歴史的建造物を、復元・保存・展示しています。
でも、建築だけではなく、こんな懐かしのボンネットバスや都電もあります。
園内を走っていれば良いのに。
どう考えてもバスの展示方法は0点です。
IMG_5800.jpg
次は園内で売っていた豚まんです。
プリプリしていてかわいい!
でも食べると顔が欠けてかわいそう・・・というか気持ち悪い。
IMG_5802.jpg
こちらは
「常盤台写真場」です。
しゃれた建物です。
当時、文化住宅が建ち並ぶ中でも、ひときわ現代的だったそうです。
外観は初期モダニズムといった風情で、私の好みのデザインです。
IMG_5844.jpg
2Fの「写場」と呼ばれるスタジオです。
スラントと呼ばれる自然採光の仕組みを持っています。
照明設備の発達していないころ、自然光で撮るのが主流だったのでしょう。
IMG_5852.jpg
「写真場」は、住宅といっしょになっていました。
店舗の奥の方には台所や食堂、居間もありますが、この部屋は子供部屋です。
窓辺に並んだ椅子に座って、子供たちはお勉強に励んだのでしょうか?
何か変だな。
IMG_5850.jpg
KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2014/08/06 16:21] | 出来事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>