ポップスのおいしい作り方
IMG_5988.jpg
渋谷のオーチャードホールでTOKYU MUSIC LIVE 2014というライブを観てきました。
副題は「ポップスのおいしい作り方」、矢野顕子をメインに細野晴臣、鈴木茂、林立夫、大貫妙子、清水ミチコ、岸田繁が出演しました。

無料コンサートなので、応募して当選したわけなのです。
開演3時間前から座席指定を受けられます。
無料なんで大丈夫だろう、と思いましたが開演前3時間を少し切った頃に行ってみました。

何と写真のように(よく分からないかもしれませんが)長蛇の行列でした。
実は、どんな人が観に来るのか興味がありました。
出演者のメンツから考えると、若い人はあまり聞かないだろうし、よく知っている中年はライブなんかあまり来ないだろうし、時間のある高齢者は全く知らないだろうし・・・。
行列から客層を見てみると、高校生ぐらいから高齢者までバラバラです。
傍からは何のための行列か分からないと思います。
というか、どんな人がどんなことをするのか全く理解していないのでは、という人達も並んでいました。

あまり人が多いので、オーバーブッキングしてるんじゃないか、などとブツブツ並んでいたのですが、座席はホール1階の前寄りの真ん中辺りでした。
人の列というものは、思ったより人数が少ないんですね。
ともあれ、空いていたら前に移って観よう、なんて言っていたのですが、見当違いでした。
大盛況でした。

時間があるので渋谷をブラついてからコンサートに臨みました。

出演者で過去にライブで観たことのあるのは、YMO時代の細野晴臣だけです。
それも遠く遥かな大学時代。
私自身、聞くのはほとんど洋楽なのですが、大貫妙子のレコード、矢野顕子・はっぴいえんどのテープ、くるりのCDは持っていました。
ということで、親しみをもって楽しむことができました。
ライブ自体、とてもアットホームでしたしね。
(誰も立ち上がらず、曲が完璧に終わってから拍手するようなコンサートは、クラシック以外では初めてだったので不思議な感じでしたが、ある意味楽で良かったです。)

KS

久しぶりに「春咲小紅」聞きました。
あの声!ちっとも変わらないんですね。
すごいすごい!
ゲストの清水ミチコがニセの矢野顕子をやって、ご本人はもちろん本物の矢野顕子をやって、デュエットするというのがおかし面白かったです。

早苗


このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2014/06/05 07:25] | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>