FC2ブログ
曼荼羅・血曼荼羅・仏像曼荼羅
空海
上野の東京国立博物館に「空海と密教美術展」を観にいってきました。
またチケットが当たったのです。
「この夏、マンダラのパワーを浴びる」なんていうはりきったキャッチフレーズの割に、来ている人のほとんどは高齢者でした。

展覧会は、空海や仏教や仏像や書道などに特別な興味があるひと以外、つまり私のような人には退屈かもしれません。
「早く出たいな」などと思ってダラダラ観ていましたが、最後の展示室、これは良かったです。
私は以前から、訳も分からず曼荼羅には興味があるので、展示途中にあった血曼荼羅には興味がありました。
しかし、古いせいか(血で描いてあるせいか?)描かれているものがぼやけていて、残念に思って観ていました。
ところが、最後の展示室では、実際の仏像を用いて立体曼荼羅(仏像曼荼羅)を構成しているではないですか。
多分、実際に寺で観たらこれほど興味が湧かなかったかもしれません。
真っ暗な展示室に曼荼羅的に仏像を配置し、仏像だけライトアップさせているので、全体としてとても幻想的に感じられ、またひとつひとつの仏像にも注意が向けられたのだと思います。
上の写真の仏像がそれらです。
象や牛に跨っていたり、元シバ神がいたりとひとつひとつ面白いでした。
また、高い位置から会場を俯瞰できるのも良いでした。
残念なのは、8体の仏像ではなく、もっと多くの仏像で曼荼羅を構成していたら壮観だったろうに、ということです。
こんどは、仏像曼荼羅だけの大規模な展覧会があると良いのですが。

この展覧会、9/25までです。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2011/09/19 07:12] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |