FC2ブログ
MOON
MOON

「DVDだったけれど『月に囚われた男』はどうだった。」

「後味悪いし、ゲログロ映画だったわ。」

「そんなことないだろ。
これから観る人に変な先入観を与えるよ。」

「エネルギーが枯渇した地球が、月にある核エネルギー資源で生き長らえている設定よね。
近未来にいかにもありえそうな状況だわ。
今の日本の状況からみると考えさせられるわね。
でも、テーマはそんなことじゃない。
主人公はその核エネルギー企業の社員で、月でたったひとりでその資源の採掘の管理をしているわ。」

「主人公サム(サム・ロックウェル)のひとり芝居のような映画だね。
ただし、独り言を言っているだけではなくて、コンピューターと話している。
そして、後半はエッと思うような奇妙な状況になっていく。」

「映画のムードは『2001年宇宙の旅』って感じだわ。
主人公が何となく変になっていきそうな雰囲気は『惑星ソラリス』や『シャイニング』かな。」

「この映画はとてもローテク、低予算で作られているそうだよ。
だからCG以前のSF映画を思い浮かべたのかもね。
人間とコンピューターとの抑揚の無い会話の連続も『2001年宇宙の旅』と似たムードだ。」

「という事は、監督のダンカン・ジョーンズってベテランなの。
宇宙基地やなんかのデザインもレトロだったし。」

「何とデヴィッド・ボウイの息子だそうな。
初監督作品らしいよ。
デヴィッド・ボウイと言えば、デビューの頃からSF好きって感じなアルバム(曲)を作っていたような気がする。
たしか『地球に落ちてきた男』っていう映画にも主演していたね。」

「知らないわ。」

「僕も観てない。
ところで映画音楽は良かったんじゃない。」

「ブライアン・イーノの音楽に抑揚が付いたような感じで、とても雰囲気を出していたわね。
イーノも好きなんでそれは良かった。
特に月面の作業シーンは模型なんだろうけれど、音楽との相乗効果でとても雰囲気があったわ。
でも映画の後味は悪かった。」

「とにかく、良くできたSF映画だね。
若干無理がありそうな奇抜なストーリーを違和感なく見せていると思った。
見る価値は十分あると思うな。」

「ところで、主人公がダメージを受けていくのは、寿命のせい、それとも放射能のせい?」

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2011/04/02 09:35] | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>