MO邸 BEFORE AFTER 9
MO9B
MO9A
MO邸改修のキッチン部分の説明の最終回です。
上の写真が改修前、下の写真が改修後で、ほぼ同じアングルです。
どちらもキッチンをLDK(改修前では和室)から見たところです。
対面型キッチンですが、吊戸棚が無いので、大きく開口が空いています。
これは、奥様の長年のご希望で、来客時にもお料理を作っているときにも、ひとりぽつんと蚊帳の外にいるのではなく、ご自分も会話に加わりながら、楽しくいっしょに過したい!ということでした。
しかし、完全にフルオープンの対面式キッチンでは、突然の来客時や片付いていない時には、あたふたしてしまいます。
そんな時には、この開口部に上からロールスクリーンをさっと降ろせば大丈夫。
(写真の薄いグリーンのように見える天井のラインが、ロールスクリーンです。)
「簡単に片付けられる」ということも大事ですが、「一瞬で隠せる」方法が建築に備わっているととても便利なのです。
キッチンのLDK側は、扉付収納と飾り棚になっています。
収納には、コップや取り皿など、テーブルで必要なものを入れておくと、とても便利です。
これも、「おしゃべりしながらお茶の準備」ができる工夫のひとつです。
KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2010/05/02 15:44] | MO邸 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>