FC2ブログ
TI邸床工事中
TI邸床工事中
TI邸のLDKの床工事が始まりました。
建築主のお好きな南欧プロヴァンス的な空間をより強く打ち出すため、DKの床はテラコッタタイル、居間の床は無垢材のフローリングにします。
室内の床にタイルはどうかな、と思われる方もおられると思いますが、建築主の「好みの空間を完成させたい」強い意志が感じられたので、それは十分に尊重されるべきものだと思いました。
また、床が硬質で冷たいので、キッチン廻り、ダイニング廻り、ソファ廻りに各々床暖房も新設しました。
床暖房にする場合、タイルの施工方法、フローリングの選定には注意が必要です。
床暖房対応の施工方法、商品を選ばなければなりません。
写真は、床暖房を敷き、その上に合板を貼ったところです。
この上に、タイルやフローリングを貼っていきます。
リフォームで床を変える場合、下地からやり直す場合もありますが、今回は、既存の下地・仕上がしっかりとしていたこともあり、コストを抑えるため、既存の仕上の上に床を作りました。
但し、床が数cm高くなるので、そのことで不具合が起こらないように多角的にチェックが必要です。
12月に入るとタイル貼りが始まります。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2009/11/28 09:50] | TI邸 | page top
| ホーム |