FC2ブログ
TI邸の解体が始まりました
TI邸の解体が始まりました
今回の工事は住みながらのリフォームです。
主寝室・洗面脱衣室・浴室・便所(2つのうち1つ)以外の部屋は全て改修するので、工事と生活とを両立させていくため、うまく現場を進めていかないといけません。

住みながらの改修をすると・・・
・引越代や仮住まい代がかからない。(荷物だけ預ける場合有)
改修しない部屋があれば、プライバシーの確保や荷物置場に有効である。(全面改修の場合は不向き)
現場からの質問等に答えやすい。
現場で暮らすことになるので、ストレスが溜まったり、ホコリや臭いの問題もある。
・生活エリアを確保しながらの工事になるので、引越しての工事よりも工期が長めになる。
などの長所・短所があります。

写真のように、解体する部分はシートで養生をして、生活エリアにホコリが飛ばないようにします。
工事の進み具合によって、生活エリアも工事エリアも移動していくことになります。
写真は、LDに面した和室ですが、床が一段(15cm)上がっていてLDKとの連続性に欠けました。
これだけのことでも日常生活に影響がある場合があるのです。
また、せっかく明るいLDの吹抜に面しているのに、垂壁と襖の戸袋があるために和室は暗い、という欠点もありました。
今回、和室の床を下げてLDに合わせ、襖をやめて垂壁・袖壁を撤去し、全面開放できる天井までの高さの折戸に変更します。
写真は、まさにその和室の解体をしているところです。

SS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2009/11/08 14:58] | TI邸 | page top
| ホーム |