職場体験
ブログ090804

昨日・今日と近くの中学校から職場体験をしたいということで、中3の生徒さんたちが来られました。みなさん、なかなか個性的で、建築やデザインに興味があり、将来もしかしたら建築家やデザイナーになりたいな、とか、今はまだ進路は決められないけど、どんな仕事なのか知りたい、というようなことでした。実際に竣工した住宅や店舗などの写真や、模型・図面などに興味深深、熱心な質問も出て、こちらも楽しい時間を持てました。
SS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2009/08/04 16:45] | GAIA | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
雑誌「建築知識」の取材
雑誌「建築知識」の取材
この写真、我がガイア・アソシエイツのアトリエの風景です。
普段はここで設計をしています。
建築主へのプレゼンテーションや打ち合わせもここでやることが多いです。
今までに作った建築模型やオブジェなども並べられています。
明るくてグリーンも多く、楽しく寛げますよ。
聞き込みの刑事さんが雨宿りしたり、ワインの試飲会や新製品のオーディオの試聴会が突然始まったりしたこともありました。
以前書きましたが、中学生の職場体験も毎年行なっています。
長時間楽しんでいかれる方も多く、こちらは大歓迎です。

写真に戻りますが、これは取材を受けているところです。
建築の専門誌「建築知識」の取材で、動画の収録をしています。
ガイア・アソシエイツの2人がインタビューを受けています。
いつに無く真面目そうです。
手前はディレクターとカメラマンです。
この写真は編集者の方に撮ってもらいましたが、全ての必要な要素が1枚の写真に収められているのは流石です。
ところで、何について話しているか、というと「リフォーム」に関してです。
世の中、新築が減っているようですが、リフォームの需要は増えていて、内容も多様化しているようです。
これは一時のブームでは無く、世の中が、今あるものを改修をしながら大事に使う、という流れになってきたということだと思います。
ヨーロッパなどではとっくにそういう状況になっていますが、日本でも遅ればせながら同様な方向性がでてきた、ということではないでしょうか。
ガイア・アソシエイツの仕事でも、そのような傾向はあります。
「建築知識」でも、この状況は捨て置けないようで、特集を組むことにしたそうです。
2人は、リフォームのポイントのようなものを語っています。
このDVDの付いた「建築知識」が発売される時には、またここでもお知らせいたします。
KS


このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2009/12/04 10:25] | GAIA | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
WONDER BEAT
WONDER BEAT
自宅をリフォームしました。
と言っても浴室です。
それもシャワーだけです。

実は去年の暮れに、メーカーの人から、いくつかのシャワーヘッドを貸すので使い勝手に関してアンケートに答えて欲しい、という依頼がありました。
シャワーヘッドを交換しよう、などという発想は今までなかったので、早速借りたものを取付ようと思いました。
けれども、自宅のシャワーの金具は、古くてガチガチに固まっていて全く動きませんでした。
私はいつもながらすぐに諦めてほうっておいたのですが、こういう事にはしぶとい妻は、あれやこれやと工夫し、ついにシャワーヘッドを外してしまい、勝利の雄叫びをあげました。

毎日4つのシャワーヘッドを順繰りに使ってみました。
自宅の17年ぐらい経っているシャワーと比べると、お湯のあたりがソフトで広がった印象でした。
シャワーも進化しているのです。
私としてはそのようなことはどうでも良かったのですが、何となくアブナク感じるシャワーがあり、それに興味を持ちました。
写真にあるように2種類のお湯の出方を選べるタイプの商品です。
上の写真は普通のシャワーなのですが、下の写真のようにするととんでもない水圧でお湯がグリグリかかってきます。
耳の穴や目玉にあてるとやばいかな、という感じです。(勿論大丈夫なんでしょうけれど)
肩にあてると肩こりの人には良さそうです。
ということで(?)、これを買うことにしました。
毎日、シャワーを使う時は何となく緊張しています。

普段目につかない小さなものを変えるだけで、日々に大きな変化が生まれることもあるのですね????

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2011/01/17 08:05] | GAIA | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ガイア・アソシエイツはこんなところ
GAIA
私達の設計事務所ガイア・アソシエイツは、事務所+2件の住宅からなる建築「GAIA」の1階にあります。
先日、川畑 博哉さんというデザイナーの方の取材があり、記事がサイトにアップされました。
「建築家と家を建てる」というコーナーで、事務所の入っている建物「GAIA」自体とガイア・アソシエイツの写真とお話です。
是非ご覧下さい。(こちらをクリック

「GAIA」はガイア・アソシエイツで設計した建築です。
自分達で設計事務所を設立した少し後に建設したので、建ててから大分経ちました。
どうしても経年変化はありますが、時々手を入れているので「年齢の割りに若く見える」という感じでしょうか。

改めて取材で「GAIA」を案内すると、独立した当時の初心に戻ります。
新築当時のエピソードなどを思い出して話すからです。
「GAIA」が「新築」の頃は、テレビや雑誌などの取材が結構ありました。
けれども、こういう風に使い込んだ建築を取材するのも面白いと思いました。
その建築の真価が分かるからです。
(マスコミが取材するのは、大抵できたてから数年以内の建築ですが、本当の住み心地はまだ分からないし、良さそうに見えるのは当たり前ですよね。)
川畑さんはとても熱心に取材され、サイトの記事でも熱く語っていただいてます。

取材を受けていて思ったのですが、建築というものはだんだん古くなりますが、定期的に適切なメンテナンスをしていけばかなり長持ちしますし、見栄えも維持できます。
新築やリフォームをした最初だけではなく、末永く大切にしていくことが大事だと思います。
何しろ、建築は外に置いておくものですから!

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2011/11/02 08:50] | GAIA | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
BOXWOOD
自宅の玄関先にボックスウッド(BOXWOOD)を植えました。
BOXWOOD1
植えたばかりでまだ貧弱ですが、数年経てば綺麗な四角い刈り込みができると思います。
植えた場所は建物と道路との境の部分です。

いままで植木などにほとんど興味が無かったのですが、今回は近所を廻って皆さんが何を植えているかじっくりと観察しました。
その地域に適した樹木や流行なんかが分かるのではないかと思ったのです。

実際、樹木は写真では良く分かりません。
どれも同じに見えます。
やはり本物を見なくては。
図書館で植栽の本を何冊も借りてみましたが、植物に詳しくない私にはほとんど役に立ちませんでした。
よっぽど特徴のある木か知っている木以外は、本の写真と本物とが合致しないのです。

自宅に植える木の条件は、建物に合う洋風で明るい(できればポップな)樹木です。
目隠しの役目もあるので、常緑樹であることも大切です。
そして北側でも育ち、乾燥や寒暖や病気や害虫にも強く、できれば成長が遅く・・・。

ほぼ条件に合ったのがボックスウッドでした。
BOXWOOD2
これが葉っぱの拡大写真です。
ツゲの仲間で、別名セイヨウツゲというそうです。
退屈な普通のツゲとは違い、楽しげな明るい色と愛らしい葉の形をしています。
原産地は地中海から西アジアだそうです。
なんとなくそれも気に入りました。
常緑広葉樹ですが、秋にはあまり落葉はしないけれど紅葉するようです。

西洋の庭園などで、色々な形に刈り込んでいるのはこのボックスウッドらしいです。
自宅もそのうち四角く刈り込みたいと思います。
四角く刈り込めるからボックスウッドというのかと思ったら、かつてはこれで小箱を作っていたからだそうです。

色々なものに強く良いことだらけですが、問題は害虫です。
ハマキムシなどの害虫に弱いらしいので、春から夏はまめにチェックした方が良いようです。
植木屋さんによると、近所にボックスウッドが植えられていない方が良いそうです。
そこから虫が飛んでくるそうなので。

ボックスウッド、近所を探すとあちこちに植えられていました。
流行っているようですね。
横浜の小物屋さんでも小さな鉢植を売っていました。
近所では一時期ゴールドクレストが多かったですが、弱いせいか今では数少なくなっています。
ボックスウッドは大丈夫でしょうか。

ところで、道路際に生垣のように植栽をすると、街を歩く人達にも目を楽しませてくれます。
どの家も生垣にすれば、散歩をしたくなるような緑豊かな街並になりますよね。
一方、ブロック塀などにすると、街並として景観上殺伐とするばかりでなく、地震の時の倒壊の危険性、防犯上の問題(塀の内側に泥棒が入ってしまえば道路から見えない)など、欠点が多いです。
地方自治体では、塀から生垣への変更を奨励しているところが多く、条件が合えば助成金を出してくれるところもあります。
皆さんも一度ホームページなどで確認してみてはいかがでしょうか。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2011/11/14 07:26] | GAIA | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>