FC2ブログ
THE BOYS FROM BRAZIL
THE BOYS FROM BRAZIL
フランクリン・J・シャフナー監督の映画「ブラジルから来た少年」(1978年作品)を初めて見ました。
この監督は「猿の惑星」「パットン大戦車軍団」「パピヨン」などを撮っています。
今回の映画も有名なようですが、ほとんど予備知識無しで見ました。

元ナチスの軍人たちが集まって94人の男たちを暗殺する計画がある、というところから始まります。
ところが、標的の男たちというのは、平凡な農夫や郵便配達人で、政治的に過激なわけでもなく、お金持ちなわけでもありません。
ではなぜ???
中心人物は、ヨーゼフ・メンゲレという医者兼科学者。
実は彼は、生前のヒトラーから直々に血液を分けてもらい、それをもとにヒトラーのクローンをブラジルで作ったのでした。
その赤ん坊を世界各地で養子縁組し、養父母に育てさせていたのです。
もちろん、養父母たちはヒトラーのクローンとは知りません。
そのうえメンゲレは、ヒトラーの正確なクローンに育て上げるため、家庭環境をヒトラーと同じにしようとたくらんでいたのでした。
つまり、14歳で父を亡くしたヒトラーと同じようにするため、養父を殺そうという計画です。
計画が実行され、不審死を遂げる人が何人かでてきたところで、ジャーナリストのリーベルマンが気付きます。
彼はユダヤ人で、ナチ・ハンターです。
彼の所に情報をリークしようとした青年が殺されますが、計画はなんとか伝わります。
そこで次に狙われそうな人の所へ向かいますが、なんとメンゲレと鉢合わせしてしまいます。
THE BOYS FROM BRAZIL 2
というようなストーリーですが、私が驚いたのは、これが1978年の映画だということです。
クローンやIPS細胞がメジャー(現実)になる前の話だというのに、すごく時代を先取りしてませんか。
それともうひとつ身につまされたのは、「ヒトラーのクローンの少年は殺すべきだ!!」という人に対して、リーベルマンは「罪も犯していない少年を殺してはいけない」と諭します。
人は遺伝子や環境を似せたとしても、同じに育つわけではない、と彼は分かっているのです。

でも実は、クローンでなくても、ヒトラーの思想を受け継ぐ者は今日も生まれていて、ネオナチに育っているのです。
人は遺伝子ではなく、心に思うことによって、独裁者にも博愛者にもなる、ということでしょうか。

SS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2019/10/14 08:03] | 映画 | page top
虫展-1
六本木の21_21 DESIGN SIGHTで「虫展」を見ました。
すぐに思ったのは、以前日本科学未来館でやっていた「デザインあ展」の「虫」版だな、ということ。
今回は「虫から色々な発想をもらおう」的な感じで、二番煎じっぽいです。
IMG_1682-1.jpg
会場は安藤忠雄設計のギャラリーで、建物ができた当初、九州から来た友達と入口まで行きながら、「まあいいか」って入らなかったことを思い出しました。
なぜ入らなかったかというと、建物はぺちゃんこで小さそうなのに入場料が高かったからでした。

今回知ったのですが、地下があるんですね。
というか、展示スペースは主に地下。
思っていたよりは広いでしたが、地下なんで・・・。
東京の湿度も尋常でなくなってきているんで、作品の管理が大変そうです。
IMG_1684-1.jpg
一番気に入ったのはこの虫の脚。
写っている人間と比べると大きさが分かります。
この脚模型、何が言いたいのかよく分かりませんが、「もし体が大きければ人間なんか潰せるよん」ってことでしょうか。
IMG_1694-1.jpg
展示会場はこんな感じで、大人が多いでした。
デパートの催事場的な昆虫展じゃないから、子供はあまり興味ないかも。
IMG_1693-1.jpg
こんな映像もやっていました。
なかなか良いのですが、ほぼ「デザインあ展」での映像のコンパクト版という感じ。
IMG_1686-1.jpg
壁3面と床に映写しているだけなんですが、これはこれで楽しめます。
巨大にして見ることで、虫の魅力の再確認でしょうか。
(体罰だと感じる人もいそうですが、そういう人は来ないな。)
IMG_1689-1.jpg
単体の虫の大写しが一番効果的で迫力ありました。
たちけてくれ~!
IMG_1690-1.jpg
・・・って程ではなかったけど。
虫やデザインが好きで、「デザインあ展」を見ていなかったら・・・どうぞ。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2019/10/11 09:01] | アート・美術展 | page top
THE DINOSAUR EXPO 2019
恐竜博2019
上野の国立科学博物館で「恐竜博2019」を見ました。

恐竜展は久しぶりです。
子供がチビの頃はせがまれてよく行きました。
が、子供が大学~大学院で恐竜の研究をするようになってからは、逆にあまり行かなくなりました。
最近、恐竜展がマンネリ気味に感じられたからかもしれません。

子供から招待券を貰って行ったのですが、子供がチビの頃はこんな事が将来あろうとは思ってもみませんでした。
今回は、謎だらけの恐竜デイノケイルスの展示があるということで、久しぶりに興味津々でした。

デイノケイルスは長い間「大きな腕」の化石(小さく前にならえのような次の写真)しか見つかっていなかったからです。
僕も長い間気になっていました。
分からないことって知りたいですよね。
IMG_1787_20191004100129c05.jpg
そして今展覧会でその全貌が一般にも明らかになったのです。
この日を待っていましたよ。(大袈裟ですが)
次の写真がデイノケイルスの頭骨の実物化石です。
こういったもろもろのものが発見されたんで全身が分かったのですね。
IMG_1791.jpg
手が大きいだけあって、全身骨格を見ると図体もデカく、なかなか迫力がありました。
なんでこっちにも頭骨があるの、と思われるかもしれませんが、こちらはレプリカの骨で組み立てていると思います。
IMG_1793.jpg
けれど肉や皮を付けた想像図が恰好悪い。
こんなヒョットコかピエロみたいな恐竜がいたんでしょうかね。
お前は七面鳥かって、七面鳥にも似てないな。
悪口の言いにくい恰好悪さです。
(動物はカッコの良し悪しじゃないですけどね。)
IMG_1797.jpg
常々、復元作業は作り手次第でどのようにでもなってしまう、と思っているんで、僕はこんなの信用できませんね。
勿論、色や羽毛や顔つきは適当(つまりデタラメとは言わないけれど作為)でしょう。
マスコミ受けにも配慮しているのかもしれませんが、もっと長い時間よく考えてからこういうものは見せてほしいと思います。
恐竜に関する「こんなだったんじゃないか」って、幼稚で短絡的な思いつきが背後にあるような気がします。
昔からね。

一緒に行った妻は、デイノケイルスがあまりに恰好悪いんで、同じように「ヘンテコな腕」が先に発掘されてその後全体像が判明したテリジノサウルスのモデルを買って喜んでいました。
今回の展覧会と全然関係ないじゃん。
(ミュージアム・ショップで、なついてきたガキンチョにテリジノサウルスを見せたら、悲しそうに首を横に振っていました。)

話は違いますが、マチュ・ピチュの遺跡に屋根がちゃんとあって人が普通に生活していたら、それほど観光名所になっていなかったかもしれません。
建築工事でも、一番楽しいのは作っている経過を見て完成を想像する時です。
そして恐竜も、分からない部分を空想するから面白いのでしょう。
全体骨格が判明して、精度の高いCGで再現されたりすると案外退屈なものです。
今回それがよく分かりました。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2019/10/08 08:04] | 展覧会・展示会 | page top
第3回クラーク大サーカス
クラーク大サーカス3
「クラーク大サーカス」という音楽会らしきもの(現代の演芸場)が、2か月に1回ぐらい北海道大学で開かれています。
(息子を含む)学生主導で、入場無料のフェス形式で学内施設で開催されており、対象は一般市民です。
出入自由でロビーで展示なども行っているようです。
詳しくはココをクリック。

次回は3回目で、当初の試行錯誤から大分内容がこなれてきたみたいです。
そもそも今年の3月頃に僕と息子の雑談から生まれたものなので、順調に育ちつつあるのは嬉しいことです。
残念ながら、僕は会場を下見しただけで実際の公演は見たことがありません。

入場無料なので必要経費は持ち出しかボランティアに頼っています。
もしご協力いただける方がおられましたらクラウドファンディングをしているようなので・・・
詳しくはココをクリック。

よろしくお願いいたします。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2019/10/05 08:49] | 音楽 | page top
INGO MAURER
松屋銀座のデザインギャラリー1953で「INGO MAURER 詩情とハイテック」を見ました。
インゴ・マウラーはドイツの照明デザイナーです。

実は次の写真の中の目玉電球が気に入ったので、行ってみる気になりました。
IMG_1819.jpg
ただ、照明の多くは幼稚でチャチな感じで興味は沸きませんでした。
なぜ評価されているのかな?
IMG_1818_20191003153953c3b.jpg
僕には詩情もハイテックも感じられないのですが・・・。
IMG_1820.jpg
次の照明はちょっと面白く感じました。
欲しくはないし、使いようがなさそうだけれど・・・。
IMG_1821_201910031539564bb.jpg
展示スペースがとても狭いので、この為だけだったら行く必要はないかも。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2019/10/03 15:48] | 展覧会・展示会 | page top
| ホーム | 次のページ>>