FC2ブログ
カイ・フランク
カイ・フランク
葉山にある神奈川県立近代美術館というところで「カイ・フランク」展を見ました。

カイ・フランク君はフィンランドのデザイナーで、ガラス作品を中心とするプロダクトが展示されていました。
それらはモダンで清楚、その時代(1911-1989)の北欧の人なんだなあ、と感じました。
チラシ(上の写真)にあったような、まるでメンフィスのようなポップなブツをもっと見たかったのですが、他はどれもとてもとても普通でした。
(僕は、ブルータス的な「知ったような」情報ではなく、実際に見て感じた通りを書くだけです。)
IMG_2037.jpg
とは言え、行ってみた甲斐はありました。
これらを飾っている器、つまり美術館が予想外に良かったのです。
僕が、日本で美術館として設計・建設された現代建築を気に入るのは珍しい事かもしれません。
建物自体は比較的新しいですが、神奈川県立近代美術館自体は日本最古の公立近代美術館だそうです。
(日本最古の美術館ではないのでお間違い無く!)

建築は特に有名ではなく、道路側外観などは工場か倉庫みたいで見栄えがしませんが、こちらもモダンで清楚。
槇文彦(建築家の名前)風な感じもします。
強い個性はありませんが、小振りながらも良くできた美術館だと思います。
(スタッフが親しみやすい感じならより良かったのですが。)
IMG_2033.jpg
構成は中庭のあるコートハウス型で、円形のローンがあり彫刻が飾られています。
中庭で僕が気に入ったのは、外部通路の上の長い庇。
いくつも交錯していて何だかいい感じでした。
建物の狭間からは海も望めます。
IMG_2036.jpg
中庭から遊歩道で海岸まで下りていくこともできます。
振り返るとこんな。
自然豊かなロケーションなんですね。
(海を写していないのは、その時あまりに厳しい逆光だったから。)
IMG_2038.jpg
美術館の窓などからも、緑が借景として上手に取り入れられています。
併設の異様に細長いレストランからの海岸の眺めも抜群、美術鑑賞の後、帰りのバスを待ちながらお茶を飲むのも良いかも。
JR逗子駅からバスで葉山に向かって20分、と行きにくい場所ではありますが、おもしろい企画展をやっている時なら出かける価値アリですね。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2019/12/07 08:10] | 建築 | page top
蛇を踏む
蛇を踏む
初台の東京オペラシティアートギャラリーでカミーユ・アンロ君の「蛇を踏む」展を見てきました。
アンロ君はパリ生まれの女性芸術家です。

展覧会は終わりが近いのですが、見に行くかどうか迷っていました。
ウェブ・サイトで見るかぎり展示のゴチャゴチャ感は楽しめそうなのですが、アンロ君のドローイングに「おフランス」的なしゃらくささがあって、なんなもな~って思ったからです。

けれど、思い切って(という程でもないけれど)行ってみると、展示のあちこちに危なさや毒が散りばめられてあり、躊躇していたのは杞憂だったことが分かりました。
ヘンテコな生け花、立体作品、広い部屋丸ごとのインスタレーション、映像などセンスの良い多芸が披露されていました。
残念ながら絵画だけはやっぱりしゃらくさくてダメでした。
(勿論、僕の趣味と合わないというだけですけどね。)

そのヘンテコな生け花は・・・
こんなだったり・・・
IMG_2127.jpg
こんなだったり・・・
IMG_2131.jpg
まだまだたくさんありましたよ。
草月流の人なんかが見たらどう思うのでしょうか?
(「勉強になります。」とか「基本がなってない。」なんて言わないでほしいけどね。)

僕が気に入ったのは青い部屋。
IMG_2134.jpg
うちの家族は青(特にクライン・ブルーのような青)が好きで、僕は飾り物を青く塗り直すし、妻は青いキッチン廻りのものを集めているし、息子は青いオブジェを作ったりしています。
ということで、この部屋はある意味我が家のパラダイス。
展示物の割に部屋が広すぎるかな~とも感じましたが。
IMG_2142_20191204083647f33.jpg
面倒な解説は読んでませんが、アンロ君の作ったものや好きなものがゴチャゴチャある感じです。
断捨離のおばさん達が喜びそうでもあります。
IMG_2140.jpg
細かく見ると、カウンターにパイがならんでいたり・・・
IMG_2141.jpg
いい感じの牛がさりげなく乳を垂れ流していたり・・・
(ウンコじゃないよね。)
IMG_2136.jpg
何故か気になるこんなのがいたり・・・
(あちこちにいるんで探してみよう。)
IMG_2138.jpg
格好いいこんなのもありました。
IMG_2133.jpg
意外と、現代社会に物申す硬派な感じも。
12/15までなんでまだ間に合いますぜ。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2019/12/04 13:58] | アート・美術展 | page top
BRIDGE OF SPIES
BRIDGE OF SPIES
映画「ブリッジ・オブ・スパイ」を見ました。
スティーヴン・スピルバーグ監督、マット・シャルマンとコーエン兄弟脚本、トム・ハンクス主演の2015年の映画です。

売れ線の映画はあまり好きじゃないのですが、録画して放っておいたのを思い出して見てみたのです。
コーエン兄弟が絡んだ作品ということで、どんなかなっという興味もありました。
メジャーな俳優にも疎い僕は、ソ連のスパイ役のマーク・ライランス(アカデミー助演男優賞受賞)を、「狼たちの午後」や「ゴッドファーザー」に出ていたジョン・カザールと勘違いして懐かしがったりしておりました。
おバカ。

時は冷戦中の1957年。
本来は冷酷なスパイ映画なんでしょうが、主役が妙にヒューマニズムで行動するので、何だか温かいスパイ映画になっています。
その主役はスパイでもCIAでもない民間人で、敵役のスパイは早々に捕まってのんびりお絵描きなんかしています。
後半、U2に乗ってソ連をスパイしようとした軍人も、あっけなく捕まって「寝させてもらえないよ~。」なんて感じです。
つまり、格好よく活躍しているスパイはあまり出てこないのです。
面白い映画ですね。

「実話」とクレジットが出てくるのですが、なぜかそういったものを感じませんでした。
何となく「古き良き映画」という感じがしてムードはいいのですが、実録的な緊迫感が感じられないからかもしれません。
それがこの映画の欠点にはなっていませんが・・・。
総じて良い映画なのでしょう。

ところで、トム・ハンクスも「スプラッシュ」(ロードショーで見たな)の頃から比べるとリッパになったものです。
ジョン・キャンディは今どんなかな?

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2019/12/01 09:01] | 映画 | page top
日本・オーストリア国交のはじまり
poster_omote-thumb-595x842-1111[1]
港区立郷土歴史館で「日本・オーストリア国交のはじまり-写真家が見た明治初期日本の姿-」という展覧会を見ました。
建築自体を見に行ったのですが、そのついでです。

なんでも、モーザーさんという写真家(当時は写真家の弟子だった?!)が日本に来て、江戸の町に感銘を受け、写真を撮り続けたそうです。
彼が感銘を受けたのは、大都市なのに、清潔!!なところだそうですが?!
撮られた写真を見る限りでは、味はありますが、清潔?でしょうかね。
まあ、東南アジアのようにゴミが落ちていない、腐臭がしない(写真なのでわかりませんが)のかも。

ご本人のモーザーさんは法被姿も勇ましく、そのポートレートを今に残しています。
ハチマキなんか締めちゃって、おみこしでもかつぎそうないでたちです。
当時は今よりもっともっと外国人に対するアレルギーがあって、殺された人もいたようです。
日本に溶け込んで、市井の人々の自然な姿を撮影するためには、こういういでたちも必要だったんでしょうか。

これは江戸時代末期の神田の写真だそうです。
IMG_1869.jpg
どうです?
粋な感じじゃないですか!
こんな街並みが今も残ってたらいいのになぁ。
これなら、日本に来た外国人もさぞや満足することでしょう。
クール・ジャパンの極み!!

SS


ところで、何でこんな展覧会(というかこんな施設)を知ったか、というと自宅のポストにチラシが入っていたからです。
区の施設の催しものについて(それも違う区で)チラシを配る、なんて今まで東京では無いことです。
それもこんな地味な内容で・・・。
「いったいどうしたんだ?」ということで行ってみたのですが、内容は地味でした。
けれど、その日はスタッフから警備員まで何故か非常に力が入っていて、最敬礼で出迎えてくれました。
??????
公立の施設もいつもこうあるべきですね。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2019/11/29 08:05] | 展覧会・展示会 | page top
GRANDIR 2
0076.jpg
ガイア・アソシエイツで設計した美容院GRANDIRの紹介の続きです。

この美容院の他にはない特徴はこれです。
店の北側にある広い屋上にデッキを敷いたらこんなになりました。
青い扉の左側で全開させているのが美容院の開口部です。
改修前は小さな窓があっただけでした。

ところで、日本の首都圏の気候では、木製のデッキは長持ちしません。
たとえ耐久性のある高価なジャラ・プライムなどを用いても(変色等を含め)経年変化は避けられません。
温暖化による高湿度化や気候の極端化の影響も大きいと思います。

ということで最近は、(木とプラスチックを混ぜて作られた)人工木デッキを使うようにしています。
ある程度の退色はしますが木製ほどではなく、耐久性もあります。
材料の風合いも(木とは違いますが)まあまあ悪くないと思います。

次の写真は美容院側からの眺めです。
この辺りは土地の起伏があるので、変化のある景色が楽しめます。
0083.jpg
設計段階ではデッキをどのように使うかはっきりしていませんでしたが、今では美容院の方でこんな設えにしています。
悪くないですよね。
良い季節にここでウダーッと順番を待っていると気持ちいいかもしれません。
IMG_0326.jpg
こんな美容院は他にはあまり無いでしょう。
白楽近辺の方は是非チョキチョキ。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2019/11/26 08:08] | GRANDIR | page top
| ホーム | 次のページ>>