FC2ブログ
我が人生の最大の出発にきた、そうな
IMG_0435.jpg
草間弥生美術館に行ってきました。
場所は(自宅からは行きにくい)早稲田、予約制で制限時間90分です。
予約をすると、決められた日時から30分過ぎると入れない、などなどの小うるさいルールのメールが届きました。
当日、仕方が無いのでチョッキリの時間に行こうとしたら、地下鉄早稲田の駅から点対称に方向を間違えてしまいました。
(私の通っていた高校からも近いのに何ということか。)
クソ暑い日に汗だらけになりながら到着してみると、30分過ぎギリギリで、危ないところでした。
作品はいつもの草間弥生で、今回は初期の作品(うっ血した感じで暗い)と、現在量産している正方形の「わが永遠の魂」シリーズ、そしてご存知カボチャのオブジェが展示してありました。
IMG_0437.jpg
草間弥生の国内の展覧会は、この10年ぐらいほとんど行っているので、作品自体の新鮮味は期待していませんでしたが、草間弥生美術館自体がどんなか見てみたいと思っていました。
つまり、いままで見たのは普通の美術館の企画展だったので、いくら頑張っても限界がありました。
今回、個人の美術館を作ったのですから、さぞや作品と相乗効果になるようなとんでもない建築だろうと思ったわけです。
IMG_0454.jpg
結果から言うと、とてもがっかりでした。
外観もトイレメーカーのショールームみたいです。
入口のガラスに水玉を張り付けてありましたが、他の美術館でやってたよりもショボいでした。
まるで貸画廊での展覧会みたいで・・・。
建築家は、展示作品と喧嘩しないようにすっきりモダンにしましょう、などと言って自分の世界のデザインをした、というような成り行きでしょうか。(分かりません。)
IMG_0452.jpg
さて、90分の完全入替制だと書きましたが、小さな美術館なので30分もあれば全部見終わり、ガランとしてしまいます。
それでも予約制だと知らずに来た方は帰されているので、不思議でした。
ちょこっと聞いてみたところ、階段幅が狭くて上り一方通行でしか使えないから、ということでした。
帰りはエレベーターのみですが、それも小ぶりなものが1台しかないので待たされます。
建物は、1階がホールと待合、2-3階が展示室、4階が資料スペース、そして屋上展示となっています。
が、動線(階段とエレベーター)のせいで、どんどん人を入れられないようなのです。
ペンシルビル的な縦長型で上下移動が多いので、動線をしっかり計画しないとこんなことになるのだな、と思いました。
(実際、1階下に行こう、などと思ってもエレベーターを待たなければならないのはとても不便でした。)
階段のデザイン自体は凝っているんですけどね。(草間弥生っぽくはないけれど)
IMG_0436.jpg
エレベーターと便所は一番上の写真と同様のギミックが使われているので、もし行かれたらご自身でご確認を。
(作家自身のアイデアかな。)

ところで、美術館に行くのに方向を間違えた、と書きましたが、無駄ではありませんでした。
異端の建築家、梵寿綱の設計した建築をたまたま見つけたのです。
次の写真がそのディテールです。
(これが草間弥生美術館だったら良かったのに、とどれだけ思ったことか。)
芸術は、異物(今回の美術館では美術作品と建築)のせめぎ合いが面白いのであって、片方が背景になったのでは余りに平凡な解決方法で退屈です。
IMG_0461.jpg
こちらの建物は見応えがあるので、美術館を見た後に口直しにもう一度帰りに寄ってみました。
(また汗だくになりましたが。)
次回に改めてご紹介いたします。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2018/08/10 16:54] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
INTO THE PICTURES
INTO THE PICTURES
久しぶりに東京都写真美術館に行ったついでに「TOPコレクション たのしむ、まなぶ イントゥ・ザ・ピクチャーズ」という企画展も見てきました。
この美術館では、いくつかの企画展、映画上映などを同時にやっているのです。
(複数見ると、割引になります。)

さて、こちらはいろいろな写真家の作品を集めて一同に並べています。
ポートレートあり、風景あり、日常の1シーンを切り取ったものあり、テーマはさまざまですが、1枚の写真の前に立って見て、分かること・感じることを楽しもうという趣向のようです。
人物だと、写っている状況もさることながら、その視線の先に何があるのか、想像してしまいます。
そこが、この企画のねらいなのかもしれません。
それにしても、アンリ・カルティエ=ブレッソン、アンセル・アダムス、土門拳のような有名どころから、ほとんど名前を知られていないような(それとも私が知らないだけか?!)作家まで、すごいラインナップです。
さすがは写真美術館というだけのことはある?!

ちなみに、ポスターになっているのは「ピカソのパン」で、ロベール・ドアノーの作品です。
ピカソのスナップ写真のようですが、よく見ると、テーブルの上に出しているのは、手ではなく、パンです。
それでも、違和感なくこれが指に見えてしまうのは、ピカソという人物の特異なキャラクターのせいでしょうか?
「どう?」という感じで、だれかに視線を送っているような・・・。
それとも、料理が運ばれてくるのを待っているのか?

8/5(日)までやってます。

早苗

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2018/08/01 21:52] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
RHODES
IMG_0474.jpg
高校j時代の同級生がやっている渋谷のライブカフェ & ダイニングバーRHODESでジャズ・ライブを楽しみました。
この店では初めてライブを見たのですが、何と今月末で閉店ということなのです。
それで、一度は見なくちゃ、と慌てて予約した次第です。

ということで、ライブの方も「THANK YOU RHODES QUARTET LIVE」と銘打って、栗林すみれ (キーボード)・松尾由堂 (エレキギター)・古木佳祐 (ウッドベース)・木村紘 (ドラムス)という4人による演奏でした。
IMG_0476.jpg
少しヨーロッパのジャズの香りもする(と勝手に感じた)オリジナル曲中心の演奏で、とても楽しめました。
やはりミュージシャンたるもの、オリジナリティーが全てに勝る、と思いますしね。
ただ、私はジャズに詳しくないので、「ジャズの曲を書くとはどういうことなのかな」とボンヤリ考えながら聞いていました。
蛇足ですが、4人の演奏中の表情が各々とても「ゆに~く」で、表情の乏しい日本人が多い中、思わぬメリットになるのでは、と感じました。

店は5周年だそうですが、インテリアは年季が入っているように感じ、何十年もやっている老舗のようです。
店・演奏・観客の関係・雰囲気がとても良いように感じたので、是非とも再興してもらいたいと思いました。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2018/07/28 08:01] | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
N4邸 8
0390.jpg
ガイア・アソシエイツで設計した住宅の改修(N4邸)の最終回です。

最後は、建築と外部とを結ぶ領域をご覧いただくことにします。
上の写真は地下1階のサンクン・ガーデン(地盤より低い高さの庭)から上を見上げたところです。
1階の玄関ポーチも見え、その上のL字型のものは2階のバルコニーとブリッジです。
色々な高さで外にちょこっと出られる部分があると、何となくワクワクしませんか。

次の写真はL字型のバルコニーを上から見た所です。
2階居間から、バルコニーから出ているブリッジで車庫屋上の庭に出られるようになっています。
既存は木製手摺だったので視界を遮っていました。
それらの手摺を全て撤去し、ステンレス+透明ガラスに変更し、屋上ガーデンが見通せるようにしました。
道路や隣地との境の手摺は、同デザインですがステンレス+曇りガラスにして、プライバシーを確保しています。
ガラスは(車の窓みたいに)フィルムの入った合わせガラスなので安全です。
余談ですが、改修にあたり、車庫屋上の土は一度全て撤去して防水をやり直しています。
0530.jpg
手摺には照明が仕込まれていて、夜はこんな感じに。
庭が霧のベールでつつまれたように見えませんか。
0855.jpg
3階の各寝室からは屋上に出られるようになっています。
各部屋のプライベート・ガーデンとも言え、ホッとできるスペースになっています。
既存の床はコンクリート剥き出しでしたが、防水をやり直し、デッキを敷きました。
木デッキだと、良いものを使っても長持ちしないので、人工木デッキ(木とプラスチックを混合したもの)としています。
また、目隠しのルーバー・フェンスもやり直し、プランター(自動潅水装置付)を設置しました。
0681.jpg
最後に勝手口のアプローチです。
勝手口のアプローチは、玄関とjは別に門もあって立派です。
写真の階段を2階に上がった所が勝手口入口になり、それは既存のままです。
既存はここもコンクリート剥き出しだったのでアプローチから勝手口までタイルを貼りました。
私は常々、どんな建築でも裏方になる部分も楽しくなるようにしなければ、と考えています。
この階段も上がってみたくなりませんか?
0062.jpg
建築外部や外構で気を付けなければならない事のひとつは金属です。
スチールはまめな手入れが必要ですが、ある程度錆びてしまうとどうしようもありません。
初期費用は高めですが、金属部分は、錆びないステンレス、錆びにくいアルミなどを使用するように心がけています。
長い目で見ればこの方がお得でもあります。

終わり。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2018/07/24 09:00] | N4邸 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
N4邸 7
0438.jpg
暫くご無沙汰でしたが、ガイア・アソシエイツで設計した住宅の改修(N4邸)の続きです。

この住宅は地下1階地上4階です。
地下1階から3階まではエレベーターがあります。
(本当は今回の改修で4階までエレベーターを延長してほしい、ということでしたが、諸条件から無理でした。)
階段は3階までは一気に上がり、4階には少し離れた所から上がります。

以前書いた通り、外壁→玄関壁→階段壁、と外壁と同じタイルが3階まで続いており、建築に一体感・連続感を持たせています。
階段室最上階は、改修前から大きな天窓になっており、ひとつのクライマックスを演出しているようでした。
けれども、夏はとても暑いだろうと思われたので、天窓の外側にもう一重省エネガラスを設置し、内側に電動ブラインドを設けました。
見栄えは良いけれど、天窓というものは何かと要注意です。
0443.jpg
次は便所に関して。
あちこちに便所がありますが、小部屋になるぐらい広い所は床暖房を設置しました。
居間・食堂のある階のよく使う便所にはエアコンも設けました。
床はまるでフローリングのようなタイル(本当のフローリングは水回りには向きません)、壁・天井は清涼感のあるガラスモザイクタイル貼りとしました。
(天井にタイルを貼るのは案外珍しいのでは。)
写真では分かりにくいですが、小空間でありながら意外性のある空間になりました。
0431.jpg
続く。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2018/07/18 08:00] | N4邸 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>