FC2ブログ
築地本願寺
IMG_1729-1.jpg
初めて中に入ってみた築地本願寺の続きです。

建築設計は伊東忠太君で、右がかった誇大妄想的な古代インド様式風(?)建築です。
竣工は戦前の1934年。
そういう背景を除けばキッチュでヘンテコで永久保存すべき迷建築です。
まあ、外観は見ての通り、お口あんぐりなすごい有様です。
IMG_1747-1.jpg
ただし、後年脇に並べて建てた建物は、デザインを合わせようと気を使っていますが、残念ながら艶消しです。
古い建築を増築したり改修したりするっていうのは難しいです。
最近焼けたパリのノートルダム寺院に超モダンな塔を付けようなんて案もあるそうです。
守旧だけではダメな難しいテーマですね。

中に入りたかった理由のひとつに、「伊藤忠太君がデザインしたヘンテコな動物が見たかった!」というのがあります。
本人が妖怪や幻獣好きで、自作の建築にそういったものを散りばめたがる癖があったようです。
築地本願寺でも、各所の階段廻りにいるはずです。
入口の翼を持つ獅子しか見つからなかったのですが、お寺の方に聞くと、とても親切に教えてもらえました。
IMG_1731-1.jpg
牛牛。
IMG_1739-1.jpg
孔雀。
IMG_1740-1.jpg
獅子と馬。
IMG_1741-1.jpg
お猿。
IMG_1742-1.jpg
象さん。
IMG_1743-1.jpg
目立たない場所にあるんで見つけにくかったグロテスク。
IMG_1750-1.jpg
見学して感じたのですが、もっとディフォルメされたモンスター的な奇妙な動物がウジャウジャいると思っていたのですが、案外普通でした。
動物がいる場所も限られているので、かくれんぼ的に探すワクワク感もいまいちでした。
マンホールの蓋にも動物のデザインが・・・とパンフレットにありましたが、面倒になって探しませんでした。
建築自体が強烈なんで、こういった小物は霞んでしまいますね。

ところで、テレビで外国人が、日本のお寺(特に京都・奈良の事)が有料なのはおかしい、と言っていました。
確かに(何教であろうと)外国の寺や教会で入場料を取られた覚えはあまりありません。
築地本願寺は勿論入場料などありませんでした。
僕は信仰心ゼロですが、それでもこの寺には生きた仏教を感じました。
仏教に限れば、タイの寺に行った時も活気を感じ、日本の寺とえらく違うなと思ったものです。
葬式仏教を続けている限り先は無いと思うので、この寺の「生活に寄り添おう」とする試みは良いのでは、と何となく思いました。

3回ブログに書きましたが、是非行かれると良い面白い場所です。
「るるぶ」が「築地本願寺に行こう」なんて言うパンフレットも作っていました。
観光客も来ていますが、東京の土地っ子にも行ってほしいですね。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2019/09/14 08:04] | 建築 | page top
TSUMUGI
IMG_1727-1.jpg
築地本願寺のランチタイム・コンサートに行ったとき、お腹が空きそうだったので、まず寺のインフォメーションセンターにあるカフェTSUMUGIに行ってみました。
何せ、ランチタイム・コンサートは、名前通り食事時の12:10-12:50にあるランチ抜きコンサートなのです。

この店の「18品の朝ごはん」はテレビで紹介されるほどの評判らしいのです。
テレビに出て客がますます増えてしまい、朝食時間帯(8:00~10:30)に限り、先着110名に整理券を配っているそうです。
どうも8:00頃に行かなければ整理券はもらえないようなので、諦めていました。
このために8:00は無いでしょう。

ただ折角なので、ぎりぎりの10:28でしたが店に寄って、まだ注文できるか(ダメ元で間抜けな感じで)聞いてみました。
すると「10:30までなら2人なら大丈夫だ。」と言われ、喜んで注文した次第です。
聞いてみるものですね。
ここの方々は皆さん親切です。
食べ始めたのが11時近かったので、丁度早めの昼食になりました。
このボリュームはどう考えても昼ご飯でしょう!

18品目は一口サイズで、どれも美味しく、和食だけではなく洋食も混じっていました。
僕はいつも一口サイズのおかずは物足りなく思うのですが、これだけ種類があればOKです。
器の下にはその料理が何なのか、名前が日本語と英語で書いてある丁寧さでした。
ごはんはお粥で、おかわりできます。
値段は1944円。

値は若干張りますが、是非一度試してみる価値がありますね。
東京に観光に来る人にも教えてあげましょう。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2019/09/11 08:03] | | page top
料理番組あれやこれや
DlifeというBSの無料放送で放映しているいくつかの料理番組を見ているので、ご紹介します。

ジェイミー・オリバーの簡単レシピ
かつては「業界で一番若いシェフ」といわれ、少年のような男の子が一生懸命料理している写真本を見て、かわいい!!と思ったのですが、今や堂々たるおじさんシェフのジェイミー・オリバーです。
元気よく、がさつに、ガンガン作るっていう感じです。
30分でフルコースを作るとか、食材5つだけで簡単ディナーを作るとか、発想が新鮮で、おやっと思わせるのはさすがです。
盛り付けも、気取らないのに、見栄えがしてなかなかのもの。
欠点は、カロリー高めな料理が多いことでしょうか。
オリーブオイルを多用しますが、オイルはオイルなので、調子に乗ってもうあとひと垂らし!などとしていると、確実にデブります。
ジェイミー・オリヴァ―
ナイジェラの食卓へようこそ
美人で優雅なナイジェラが、すてきなキッチンでお料理してくれます。
ちょっとセレブな感じ?
手つきはわりとぶきっちょで、細かい作業は苦手なようですが、そこに親近感を覚える人も多いでしょう。
日本では手に入りにくい食材を使っているので、ちょっと家庭では作りにくいですね。
どっちかというと、こんな世界もあるんだなぁ・・と人ごととして見てる感じでしょうか。
ナイジェラ
ナイジェルのシンプルレシピ
なぜか「冷蔵庫の中の残り物」にこだわるナイジェル、フードロスをなくすというよりは、節約料理に生きがいを感じている、といった風情です。
「情けなくなるほど料理のヘタな母親」に育てられたナイジェルは、ものごころ付いたときから、「それなら自分で作ろう!!」と料理に励んだそうです。
偉大な反面教師の母が生んだ料理男子!!
難点は、彼はベジタリアン気味で、野菜だけの料理が多いことでしょうか。
これだけをディナーにするのはちょっと物足りないかも。
ナイジェル
マーサの楽しい料理教室
ご存知有名料理家のマーサ、なんでも作れる彼女ですが、手間暇かかるレシピが多いのが欠点ですね。
そうそう毎日パーティーするわけではないし、ご馳走作りに時間をかけるわけにもいかないし。
これも「こんな料理もあるのねぇ。」と人のキッチンをのぞき見している感じでしょうか。
マーサ
Dlifeは何度も何度も再放送をしているので、お目に留まるのではないかと思います。

SS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2019/09/08 07:07] | TV | page top
パイプオルガンのランチタイム・コンサート
IMG_1725-1.jpg
昔から近くを通ると気になってはいたのですが、今回初めて築地本願寺に入ってみました。
何が気になっていたかと言いますと・・・
(都民は勿論ご存じでしょうが)どこの国、どの時代かも定かでない異様なデザインの仏閣です。
勿論いい意味で書いていますけどね。

ただ、その事は後日のブログに回して、今回は築地本願寺で行われているランチタイム・コンサートに関してです。
毎月最終金曜日の昼に、本堂でコンサートが行われていることを知りました。
寺を見学するなら、折角なのでコンサートのある日に行くことにしました。
IMG_1732-1.jpg
実は本堂にはパイプオルガンが備えてあります。
まるで教会のようですね。
(外観と同じく)変わったお寺です。

本堂に入った時には分かりませんが、振り返るとオルガンとパイプがあります。
それが次の写真です。
パイプは2000本あるそうです。
それ程沢山あるように見えませんが、後ろに隠れているようです。
IMG_1737-1.jpg
と言いう事で、このコンサートは毎回オルガン(もしくはオルガン+声楽)のようです。
今回は永瀬真紀という藝大出のオルガン奏者でした。
彼女の立ち居振舞いがこういう場所にとても馴染んでいて、何故か不思議な感じでした。

本堂は、定刻までにいつの間にか満員になっていました。
色々な年齢、土地っ子らしい人から外国人観光客、ピンクの魔女のような恰好をした人まで色々いました。
一体ここは何なんだっという面白いムードです。
外国の有名な寺院や教会なんかの雰囲気をちょっと感じました。
次の写真がオルガンです。
(オルガンの設置場所は、いまいちワクワク感がありませんでした。)
IMG_1734-1.jpg
演奏の前に坊さんの短い(5分)法話があり、その後30分演奏がありました。
空間や楽器の性能や配置のせいなのか、音は思ったより迫力が無いように思いました。
また、パイプオルガンが後ろにあるので、演奏者も音も後ろなのが何となくな感じでした。
が、その間に本堂をじっくり眺める事ができて、悪くない時間を過ごせました。
因みに無料です。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2019/09/04 08:14] | 音楽 | page top
BAUHAUSてんてん
BAUHAUS展
ATELIER MUJI GINZAでARCHIVES: BAUHAUS展というのを見ました。
「無印なんかでバウハウス展???」という感じで何も期待していなかったのですが・・・有楽町に用事があったので覘いてみたのです。
やはり予想通り、わざわざ行く価値はゼロ、というかマイナスでした。
無印の商品も紛らわしく展示してあったり・・・。
良かったのはパンフレットのみという状態。

ところでここの無印良品の店、他と比べるとかなり立派で品揃えも多そうです。
僕は特に興味ありませんが、こういった枯れた自然っぽいデザインの信奉者にはパラダイスなんでしょうね。
何と無印良品のホテルまで併設されていました。
枯れた内装なんでしょうか。
匂いも無さそうです。

無印良品というと、映画「インスタント沼」で自然志向の店をからかっていたのをなぜか思い出してしまいます。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2019/09/01 08:08] | 展覧会 | page top
| ホーム | 次のページ>>