アニマルハウス:謎の館
IMG_9065.jpg
渋谷の松涛美術館で三沢厚彦という人の「アニマルハウス:謎の館」展を見てきました。
名前は知らなくても、この動物(実物大で製作)の顔に何となく見覚えのある方もいるのでは。
このかわいげのない・感情移入できない・ひとごとのような面をした動物をたくさん見てみたかったのです。

展覧会のタイトルが「アニマルハウス」。
これはイギリスのロックバンド「アニマルハウス」ではなく、映画「アニマルハウス」からとったそうです。
映画の方は、ジョン・ランディス監督(「大逆転」がGOOD)、出演はジョン・ベルーシ(ご存知「ブルース・ブラザース」)、トム・ハルス(「アマデウス」で主演)、ドナルド・サザーランド(「マッシュ」で主演)など曲者が勢ぞろいしています。
60年代アメリカの大学のサークルでのシッチャカメッチャカな学生生活を描いたコメディーの傑作(?)です。
私もロードショーで見ました。
大学生の時、イギリス人の先生が「これはまさしく私の青春だ。皆さんも見るように。」と授業で興奮していたのを思い出しました。
三沢厚彦って人もあれが好きなのか・・・。
ANIMAL HOUSE
さて、展覧会です。
どうも雰囲気が変です。
作品に一貫性が無いと思ったら、仲間を5人ぐらい集めての展覧会になっていました。
これがイマイチ。
各々の作品はそれなりなのでしょうが、色々な作品が混ざった謎の館にしたかったのでしょうが、これがうまくいっていない。
バラバラといろんな傾向の作品が雑然と並んでいるだけのようにしか見えませんでした。
残念ながら、傾向の違うものが合わさって素晴らしい化学反応を起こしている、とは思えないのです。
三沢厚彦のヘンテコな動物のアニマルハウスなり動物園だけにして、他の人は無し、もしくはアニマルハウスの空間を盛り上げられるような人(空間デザイナーや建築家)を呼ぶべきだったのでは。
IMG_9061.jpg
もうひとつ残念なのは、動線です。
(これは作品とは関係ありません。)
以前にも書きましたが、この美術館は小さいので、1階のホールから階段かエレベーターで地下1階に下りそれから2階に上がるように、階数を飛ばして上下する順路になっています。
これが良くない。

何とか階数が連続するよう順路を工夫できないものでしょうか。
階段も妙なデザインなので、それを上り下りするのは面白いと思います。
次の展示階にいくのにエレベーターで、というのはかなりシラケます。
(エレベーターを待つ状況、エレベーター内の白々明るい照明など全てが艶消し)
少なくとも展示階が連続していれば(高齢者やハンディのある人は別として)階段を使う人も増えると思います。
階段室にも作品が展示されていましたからなおさらです。

ここに来るといつも思いますが、展示方法と回遊動線の工夫が足りない、というか展示と建築空間とがうまく整合していないのです。
折角の中庭もありがたみがありません。
もし今の展示動線を変えられないとしたら、元々設計が悪いということでしょうか。
小さいけれど凝った美術館、というのは貴重なので残念です。

色々書いたけれど、もちろん行って損はありません。
ここは入館料も安いしね。
展覧会は数日を残すのみ。

KS


このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2017/11/22 08:12] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
BankART Life V
BankART Studio NYK
ヨコハマトリエンナーレ2017関連で、BankART Studio NYKの展示のチケットも同時購入したので行ってみました。
今までにもトリエンナーレの時に何度か行っています。
トリエンナーレは終わりましたが、ここは普段もギャラリーなのでご紹介します。

この建物は、古い倉庫か何かを改修したのだと思いますが、外観も内部の空間性も気に入っているギャラリーです。
惜しいのが1階廻りです。
いつも雑然としていて「上の階でおもしろそうなことをしているぞ」という雰囲気が全く出ていません。
道路から建物までのアプローチも以下同文です。
ハッキリ言って期待感ゼロです。
実は上の写真のような全景は玄関アプローチ側からは見えず、知らないと入りづらい雰囲気になっています。
と言うか、入口かどうかもよく分からない。
頼むから、その辺りももう少しアーティスティックにやってくれい。

2-3階がギャラリーになっています。
倉庫だったのか天井高がとても高いので、作家は色々なことができそうです。
が、作品がかなり強力じゃないと空間に負けそう、という怖さもあります。
次の写真の車輪は、背丈ぐらいあってグルグル回っていたのですが、案外チンマリした印象になっていました。
(アトリエで作っている時はデカイモノを作っているつもりだったと思いますが。)
IMG_9018.jpg
逆に次は、ひとつの作品でボリュームを出さずに集合でインパクトを与え、空間も味方にしているので、ひとつの解決方法だと思いました。
白い造花がとても異様な雰囲気でした。
廻りの壁もコンクリート打放しというのが、寒々しくてムードにぴったり。
まさにここでやるべき展示で、見る価値があったと思いました。
やはり最も大事なのはアイデアですね。
このギャラリーの場合は空間把握も大切です。
IMG_9015.jpg
最上階のバルコニーから下を見ると、何とも楽しそうなデッキがあるじゃないですか。
知らなかった!
早速ここでウダウダしようと思い、降りて行きましたが、立ち入り禁止でした。
IMG_9016.jpg
ここは、やっはりやっぱり1階廻りの整備が不足しておるのじゃな。
続く。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2017/11/19 07:22] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
島と星座とガラパゴス 7
IMG_9023.jpg
ヨコハマトリエンナーレ2017の続きです。
横浜赤レンガ倉庫から、もうひとつのサブ会場の横浜市開港記念会館に無料バスで行きました。

外観は何度も見ていますが、建物の名前も知らず、入ったこともありませんでした。
その上、会場は半地下で、ここは普段入れるのでしょうか。
脇の小さな入口から入ると中は真っ暗の牢獄のような所でした。
展示はほとんど真っ暗の中で行われており、こんな目玉もありました。
ここも気持ちがザワザワするようなコンセプトのようでしたが、全体的には意味不明でした。
IMG_9024.jpg
ところで、横浜市開港記念会館は無料で開放されていたので、見学しました。
建物自体が見たかったので、中をうろちょろして楽しめました。
ホールでは講演会のようなこともしており、歴史的建築物を現役として使いながら保存していることには好感を持ちました。
改修もされていて保存への意気込みも感じましたが、廊下の床が安普請な塩ビシートになっていたりするのはがっかりでした。
これには「もうすこしがんばりましょう」のスタンプを押したくなりました。
IMG_9025.jpg
KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2017/11/16 15:31] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
島と星座とガラパゴス 6
ヨコハマトリエンナーレ2017の続きです。
今回は横浜赤レンガ倉庫1号館の最後です。

これはちょっと覗いてみてつまらなさそうだな、と思ったのですが、よく見ると面白い。
IMG_9008.jpg
部屋のインテリアを表現しているようですが、全て1枚ずつの絵を掛けているだけなのです。
小物も小さな絵に描いてあります。
テーブルは本物ですが、その上の食器などはすべてひとつひとつの絵です。

何を言っているかご理解いただけましたでしょうか。
私はそのアホさ加減としつこさがとても気に入りました。
「平面的な絵画だけで空間を表現」などと真面目に鑑賞する人をおちょくっている感じが最高です。
IMG_9007.jpg
そろそろ帰ろうと思ったら、みんながアホげた被りものをしているので、自分もやってみたくなりました。
それは360度映像のようなものでしたが、実際に見てみると、それを見ている人を見るより全然面白くありませんでした。
自分の見たものだけつまらなかったのかな、とも思いましたが、並んで幾つも見るのは面倒なのでやめました。
これはそれだけの事です。
IMG_9011.jpg
今回、横浜赤レンガ倉庫は充実していたと言えるでしょう。
今までは、お隣り2号館のレストランの方も気になったのですが、今回はそちらで先に食事をしておなかいっぱいになってから見たのも正解でした。

もうちょっとだけ続く。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2017/11/10 08:08] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
島と星座とガラパゴス 5
ヨコハマトリエンナーレ2017は11/5で終わってしまいましたが、見どころは他にもあったのでもう暫く続けますね。
今回も横浜赤レンガ倉庫1号館での展示です。

これも面白く感じました。
部屋に入ると大きめの漫画が壁に掛けてあるだけなのですが・・・。、
奥の1枚は漫画の部分がアニメになっていて変化します。
写真の明るい部分です。
これは大したことないですよね。
IMG_9000.jpg
もう1枚は漫画の上に映写で漫画を重ねます。
同じ漫画をずらして映写したり、部分を動かして映写したり、大げさなことはしていないのですが、漫画に不思議な立体感や動きが生まれます。
アニメの新たな表現方法になるかどうかは微妙ですが、絵画作品の表現方法としては成り立ちそうです。
IMG_9003.jpg
上の漫画も映写で画像を重ねていますが、下のようにも変化します。
地味に展示されていましたが、興味ある作品でした。
IMG_9001.jpg
さらに続く。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2017/11/07 15:29] | 展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>